ソープランドがなくならないのはなぜ?

ソープランドがなくならないのはなぜ?

ソープランドがなくならない理由は商売として成り立っているからです。働く女の子がいて、提供する店がある。そして利用する客がいる。法的に問題なく、かつ、ビジネスとして成り立つ以上、どのような業種でも当てはまりますが、なくなる理由はありません。法的な面でソープランドは『個室付き浴場であって、そこに入浴した人が従業員と個人的な自由恋愛の関係が生まれ、両者の同意の下、性行為と金銭交渉がなされている』というシステムで、建前上は売春をさせているのではないということになり、違法とはなりません。少々、強引な言い訳のようにも聞こえますが、現在の日本ではこのような仕組みがまかり通っているのです。中には、風俗(ソープランドを含む)がもしなくなった場合、性犯罪が今以上に増えるかもしれない。つまりは「必要悪」だという意見もあります。

カテゴリー:ソープ雑学