ソープの持つ文化的な価値とは?

ソープの持つ文化的な価値とは?

近年、風俗の世界にはさまざまなジャンルが登場したことによって、ソープの存在感が薄れて来ているといいます。しかし、やはり風俗の王様といえばソープになるでしょう。日本の風俗の歴史は遊郭からはじまりました。こうした遊郭の集まった赤線などが現在のソープ街になっています。こうして歴史的な視点から見てみると、風俗がいかに日本文化の中に定着しているものであるかをしることができるでしょう。ですので、どんなにさまざまなジャンルの新しい風俗が登場したとしても、相変わらずしっかりと存在感をしめすことができるのです。では、どうでしてここまでの歴史と伝統を持つソープが他の風俗にシェアを奪われつつあるのでしょうか?それはやはり料金の問題が大きいのではないかと思います。しかし、いくら料金が高くとも、臨時収入があったらソープ!といった形で楽しもうという人は少なく有りませんので、この文化が消えてしまうことは決してないでしょう。

カテゴリー:ソープ雑学