関東でソープが盛んな地域は?

関東でソープが盛んな地域は?

日本最大級のソープランド街として有名なのは、東京都台東区にある「吉原」。多くの遊女がいた花街として古い歴史があります。東京都にはその他にも、池袋、新宿歌舞伎町などにソープランドが存在します。北関東最大級のソープ街といえば、茨城県土浦市の「桜町」。桜町は明治時代の花街が起源となっており、土浦駅西口の歓楽街にあるソープの店舗数は川崎市堀之内に次いで関東で2番目に多いと言われています。そんな神奈川県川崎市川崎区にある「堀之内」は、首都圏を代表とするソープ街です。吉原に次ぐ規模があります。他にも、県内には栄町や横浜市の福富町にソープ街が存在します。千葉県千葉市中央区の栄町は県を代表する歓楽街であり、店舗型ヘルス、ホテヘルなどが軒を連ねています。埼玉県さいたま市大宮区には「大宮北銀座」の歓楽街にソープランドを中心とした店舗型風俗店が密集しています。埼玉県といえば、関東屈指の巨大ソープランド街「西川口」が有名ですが、現在は大規模な摘発によりかつての活気は消え失せてしまっています。

カテゴリー:ソープ地域別情報