吉原ソープと川崎ソープの違いは?

吉原ソープと川崎ソープの違いは?

日本最大のソープランド街「吉原」は、江戸時代に形成された吉原遊廓が起源。総額1万円の格安店から10万円以上の超高級店まであり、150前後のお店が軒を連ねています。交通の便は悪く、送迎サービスを行っているお店もめずらしくありません。ロングタイムを利用できるお店が多く、ゴムを着用せずにサービスを受けることができるお店もあります。関東有数のソープランド街「川崎(堀之内)」は吉原に次ぐ規模であり、古くから宿場町で赤線を続けてきた歴史があります。駅から徒歩15分とかかりますが、吉原と比べると距離も近いです。加盟店では約47店舗ほどありますが、非加盟店もあることから真相は不明です。時間は短いお店が多く、ゴム着用を義務付けているお店が多いです。国道15号を横浜方面に700mほど進んだ先に「南町」と呼ばれる風俗街があり、ソープランドも局在していますが店舗数は堀之内に及ばず20店舗ほどです。尚、南町はゴムの着用を義務付けているお店と義務付けていないお店が混ざっています。

カテゴリー:ソープ地域別情報