最近、警察がソープランド撲滅に本気みたいですが・・

最近、警察がソープランド撲滅に本気みたいですが・・

警察はこれまで、風俗営業禁止地域での風俗店摘発を優先してきましたが、それに一定のメドがついたため、ソープランドの取り締まり強化を始めました。合法店でも指定暴力団の資金源になっていることが多く、巨額脱税摘発の端緒となることもあります。摘発は風俗担当の生活安全課と暴力団担当の組織犯罪対策課が連携し、今後も関連の法律をフルに使って摘発を続けていくとのことです。埼玉では大宮、西川口、東京は吉原、近畿圏では滋賀・雄琴、神戸・福原、和歌山・ぶらくり丁以外のすべての地域が、既得権営業店を除く店舗型風俗の営業禁止区域ですが、許可された地域でも摘発は続いているようです。違法風俗店だと知りながら、客として店を利用した場合、客側にも罪が問われる場合がありますので、怪しい店の利用は絶対に避けましょう。

カテゴリー:その他