ソープランドはなぜ売春で摘発されないのですか?

ソープランドはなぜ売春で摘発されないのですか?

売春防止法には次のような規定があります。第2条(定義) 「対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう。」第6条  「売春の周旋をした者は、2年以下の懲役又は5万円以下の罰金に処する。」売春の周旋をする目的で、次の各号の一に該当する行為をした者の処罰も、前項と同様とする。 1  人を売春の相手方となるように勧誘すること。 2 売春の相手方となるように勧誘するため、道路その他公共の場所で、人の身辺に立ちふさがり、又はつきまとうこと。 3  広告その他これに類似する方法により人を売春の相手方となるように誘引すること。つまり“不特定の相手方と性交すること”“売春の周旋をすること”に問題があります。これをソープランドでは「お店にきたお客さんと女の子が恋に落ち男女の関係になった」という解釈にしているため不特定の相手には当てはまらず、また男女の関係になるのは本人同士の合意のもとであり、店側は関与していないことになっているため周旋にも当てはまりません。よって、摘発することができないのです。

カテゴリー:その他